2023.05.16

有限会社花田設計事務所

#建設

SDGs宣言

BIM (Building Information Modeling)による建設業界のDX化に対する貢献

当社は、BIM技術のリーディングカンパニーとして3D測量・3D設計、VR·AR·MR技術を駆使して、業界の従来の2D設計から3DデジタルデータによるBIM設計への変革を進めていきます。 3Dデータ化することにより、画面上で立体的な設計ができるため、配管位置のズレの発生等を最小限に抑え、再工事による無駄なコストや材料費の削減が可能となります。 また、施工後も作成した3D設計データを建物の安全で効率的な維持管理に活用できる等、当社のデジタル技術により建設業界の業務効率化に貢献して参ります。

安心して働ける職場環境の整備

性別に関わらず多様な人材が能力と個性を生かし、すべての従業員がいきいきとやりがいをもって安全に慟くことができる職場環境づくりを目指して、デジタル技術を活用したリモートワークの活用等によりフレキシブルで休暇を取りやすい勤務態勢の導入を積極的に実施しております。

学生に対するデジタル教育支援

芦屋市教育委員会生涯学習課・芦屋市立あしや市民活動センターと連携して、芦屋市内の文化財「富田砕花旧居」の3Dモデリングを芦屋市内の高校生と作成しました。 また、千葉商科大学政策情報学部と当社のデジタル技術の共有による人材育成を目的とした連携協定を締結するなど、今後も学生のデジタル技能向上支援を行うことにより、社会貢献を行って参ります。

PDFでSDGs宣言書を見る

有限会社花田設計事務所

1984年創業。 兵庫県芦屋市に本社を置きプラント業界のBIMに対応した3D設計ではリーディングカンパニー。 常に最新技術を取り入れ技術革新の追求を企業理念に設計データのVR化や3Dレーザースキャナーによる測量データを基にあらゆる分野のDXを得意とする企業。 主な顧客は国内の大手プラントメーカー。配管・機械設計が主な設計業務。 大学や地域と連携した学生の教育にも力をいれている。

ホームページ : https://hanada-sekkei.co.jp/